ドイツのFKKは世界最強?ドイツの風俗事情を徹底解説!!

  • 11月 15, 2020
  • 風俗
  • 343view
  • 0件

多くの風俗マニアの間では、『やっぱり風俗遊びだったらドイツだよね!』と語られています。

日本や他の海外の国にも風俗店はたくさんありますが、何故ドイツの風俗店がそこまで人気なのでしょうか?

この記事では、風俗マニアの方に絶大な人気を誇るドイツのFKKについて徹底的に解説していきたいと思います。

また記事の後半では、セックスを楽しむ相手がいない方や新しいパートナーを探している方のために、実際に筆者も実践している「セックスを一緒に楽しめるパートナー探しの方法」も特別に大公開しています。

最後までしっかりと読んで、あなたのセックスライフに役立ててくださいね。

エッチな女の子が大集合!
掲示板からセフレを簡単にゲット!


(※18歳未満はご利用できません)

最高500円でセックスができる!
エロい女の子の溜まり場!


(※18歳未満はご利用できません)

若い女の子が掲示板で毎日セフレ募集中!
TELエッチも盛ん!


(※18歳未満はご利用できません)

ドイツのFKKってなに?

風俗遊びに詳しい方でも、ドイツのFKKってあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

このFKKというのは、ドイツのエッチなサウナクラブのことを指します。

英語読みだと「エフケーケー」となりますが、ドイツ語だと「エフカーカー」となります。

合法的に風俗遊びをすることが出来る訳ですが、なぜそういった文化があるのかを先に説明していきたいと思います。

FKKってどんな意味?

FKKというのはFrei körper kulturという言葉が略された言葉です。

英語の場合はNudisum(ヌーディズム)、日本語に訳すと裸体主義文化となります。

Frei(自由な)、körper(体)、kultur(文化)と書くと分かりやすいかもしれませんね。

FKKの類義語としてTextil freiという言葉もあり、これは服を着ないという意味となります。

要するにFKKという言葉は、服を脱いで生まれたままの姿になり、自然に触れながら屋外で自由に過ごすという意味を持ちます。

FKKという文化は旧東ドイツから

19世紀後半、ドイツではFKKが盛んになったと言われています。

当時はまだ女性がコルセットを身に着けていた時代でもあり、そんな窮屈な服を脱ぎ捨てることで開放感を思いっきり味わうことが出来たのでしょう。

男性にとっても衣服を脱ぎ捨てることで、当時の社会的不平等から開放されたいという想いを遂げる意味があったようです。

特に東ドイツでは、共産主義国家からの逃避のひとつの手段として、このFKKが盛んになったと言われています。

ドイツ発のヌーディストビーチの誕生

ドイツ初のヌーディストビーチは、1920年にドイツ北部にあるSylt島に誕生しました。

戦争によってヌーディストビーチは一時は禁止されていたようです。

しかし戦後、旧西ドイツの人々がヨーロッパ各地を旅行するようになり、そういった人たちによってフランスなどでもヌーディストビーチが広められたんだそうです。

ドイツで裸になれる場所

ドイツの連邦共和国基本法には、衣服の着用を義務付ける法律が存在しません。

法律上は、公衆の面前で裸になるという行為が違法となることはないんです。

ただし、州法によって別途定めがある場合は方に触れてしまう可能性がり、FKK指定エリア以外で第三者の前で裸になった場合は罰金刑に処される可能性があります。

ここではドイツで合法的に裸になれる場所を照会していきたいと思います。

ヌーディストビーチ

北海やバルト海沿岸にあるビーチは裸になることが許されています。

意外と知られていないかもしれませんが、ドイツのビーチというのは南欧のビーチに負けないくらい美しい場所なんです。

FKK以外にも、Nacktbadestrand、Naturistenstrandという標識があるエリアがあり、そういった指定されたエリアでは裸になることが許されています。

ヌーディストパーク

日本人も観光でよく訪れるベルリンやミュンヘンなどの大都市にある公園もFKKの対象となっています。

ただし公園全体が対象となっている訳ではなく、公園内で指定された一部の区域で裸になることが許されています。

意外と分かりにくい場所にあったりするので、外国人観光客は見落としているかもしれませんね。

その他の地域の公園でもFKKの対象になっているところは数多くあります。

ヌーディストレイク

海だけではなく、湖もFKKの対象となっています。

ベルリンの南西にあるWannseeやベルリンの東にあるMüggelsee、ミュンヘンの北北東にあるFeldmochingerなどが有名です。

それぞれ駅から15~30kmていどの距離にあるので、都会の雑踏から離れてのんびりと過ごすことが出来ます。

自宅の庭、バルコニー

隣人に見られないという条件付きではありますが、自宅の庭やバルコニーなどでも裸になることが許されています。

この場合、OWiG(Gesetz üBer Ordnungswidrigkeiten)に抵触しないように、フェンスなどの目隠しを設置する必要があります。

サウナ

最後はサウナです。

ドイツのサウナは基本的に男女兼用となっています。

そして衛生面の観点から、タオルや水着の着用は禁止されているんです。

日本人的には裸でサウナは当たり前ですが、そこに全裸の女性がいたらビックリしてしまうでしょうね。

風俗店としてのFKK

ここまでドイツのFKK文化について説明してきましたが、ドイツのFKKにはもうひとつの意味があります。

ドイツには数多くのサウナクラブがありますが、実は合法的にエロいことが楽しめるんです。

そしてそういったお店のことをFKK(エフカーカー)と呼んでいます。

ここからは、そんなドイツのFKKについて解説していきたいと思います。

FKKってどんなところ?

サウナクラブといっても日本のサウナとは全く異なります。

FKKとはドイツにある風俗店このことを指しており、摘発などの心配をすることなく金髪の綺麗なお姉さんと楽しむことが出来るんです。

ちなみにこのFKKですが、ドイツ以外にもスイスやオランダ、チェコ、オーストリアなどの周りの国にもあるようです。

イメージとしては、日本のスーパー銭湯の横にバーが併設されているような感じでしょうか。

そこで全裸の金髪女性が男性からの誘いを待っているんです。

FKKのお店の造りは?

ドイツには大きなFKKのお店から小さなFKKのお店まで、いろんなタイプのお店があります。

フランクフルトにあるOase、Palace、Worldは御三家といわれるほど有名なお店で、そこに後発のSharks、Mainhattanを加えm5大FKKと呼ばれています。

大きなお店の場合は、大きな庭やプール、ジャグジーなどが屋外に設置されており、開放的な空間で楽しむことが出来るようになっています。

バーやレストランも用意されているので、一日中のんびり過ごすことが出来るんです。

どんな女性が在籍しているの?

お店の規模にもよりますが、通常FKKには30人から50人くらいの女性が常時待機しています。

大きいお店になると100人近い女性がいるので、極端に好みが偏っていない限り、確実に楽しむことが出来ます。

FKKにいる女性はほとんどが出稼ぎの外国人で、そのほとんどがルーマニア人です。

基本的には東欧の女性が多いのですが、たまにアフリカやアジアの女の子を見かけることもあります。

FKKのお店のシステムは?

FKKではまず、男性も女性も入場料を払います。

お店にもよりますが、男性の場合は入場料が50~60ユーロくらい。

女性の場合は売春税を払う必要があるので、男性の倍くらいの入場料(100ユーロ)を払う必要があります。

この入場料には施設利用料、飲食代などがすべて含まれており、また営業時間内はずっと滞在することが出来るので、かなりお得な料金だといえます。

金髪女性と楽しむ方法は?

FKKのお店の中では、基本的に女性は全裸(または全裸に近い状態)で、男性はガウンスタイルやタオルを腰に巻きます。

女性は入場料を払って店内で個人的に売春を行なうので、料金は直接女性に払うことになります。

店内にはたくさんの女性がいるので、自分から声をかけても良し、また女性の方から誘って来ることもあります。

料金は大体30分で50ユーロくらいですが、女の子によっては料金を上乗せすることでより濃厚なサービスを提案してくる場合も。

もちろん1人の女性と楽しんだ後に、また他の女性と楽しむのも全然ありです。

日本の風俗に比べて失敗が少ない

ドイツのFKKには、スーパーモデル級の綺麗な女性もたくさんいます。

そして直接女性の顏や体を見たり、会話したり実際に女性の肌に触って選ぶことが出来るので、失敗する確率が格段に低くなるんです。

例えば日本の風俗店で写真を見て選んだのに、実際にやって来た女の子は別人だったことってありませんか?

そういった騙しがないというのもFKKの大きなメリットと言えるんです。

ちなみに店内での会話は基本的に英語と考えておきましょう。

英語が堪能であれば女性との会話などを楽しむことも出来ますが、単純にエッチを楽しみたいというのであれば中学生程度の英語力があれば十分です。

ドイツのFKKの客層は?

男性に関しては30代から60代の方が多く、とっても気さくな雰囲気です。

FKKだからといって全員がエロ目的で来ているという訳ではなく、お喋りしたり本を読んだりと、のんびりと過ごせる憩いの場的な雰囲気があります。

富裕層の方たちも遊びに来ているようなところなので、変に構えたりせず、思いっきり雰囲気を楽しむのが得策だと思います。

ドイツのFKKのセキュリティは?

FKKの店内には数人のセキュリティがいます。

用心棒的な感じでサウナクラブ内の治安を守っているので、そういった部分では非常に安心して楽しめる場所だといえます。

ただし一切のトラブルが無いという訳ではありません。

よく目にするのが女性との金銭トラブルです。

最初にしっかりとお金についての交渉をしておかないと、稀にトラブルになることがあるので注意が必要です。

それ以外はルールさえ守っていれば、全く問題ありません。

FKKに行くならいつが良いの?

ドイツのFKKに行くなら、お勧めは6月から8月です。

FKKの魅力のひとつは青空の下で金髪の女性と開放的なセックスが出来るということなんです。
お店にもよりますが大型のFKKには豪華な庭が用意されており、もちろん青姦も可能。

青空の下で綺麗な金髪のお姉さんとセックス出来るなんて、日本では考えられませんよね。

そういった意味でも、ドイツの夏にあたる6月から8月はお勧めです。

FKKの女性は月曜、火曜に休むことが多いので、ドイツに行く場合はそういったことも考えてスケジュールを考える必要があります。

また年間行事で見てみると、キリスト教復活祭や夏のサマーバケーション、クリスマス、年末年始といった時期は祖国に帰る女性が増えるので、あまり勧め出来ません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

世界最強の風俗と言われるドイツのFKKですが、人気の秘密はいろいろあるようですね。

風俗というよりは文化そのものと言った方が良いかもしれません。

年々日本人の利用者も増えているようなので、機会があったら一度足を運んでみるのも良いかもしれません。

風俗に行かずセフレで上手にセックスしてる人たちの秘密とは

できるだけ安く、そして可愛い女の子とNNする方法としておすすめするのが、出会い系マッチングサイトです。

世の中の女性はどうやってセフレを作っているのか気になったことはありませんか。

女性は男性以上に性欲が強い生き物です。でも、男性と違ってその辺で「男とやりてー」なんて会話はせず、周りにバレないようにこっそりとネットでセフレを募集します。

以前に、AV女優の紗倉まなさんがTV番組で出会い系サイトをAV女優も使っていることを暴露して話題になったのを知ってますか?

セフレ相手を募集する為に使われているのが匿名可能なJメール【R18】というサイトです。

Jメールは従来のマッチングアプリのようにやり取り→デート→ホテルといった流れではなく、セックス目的なので余計なデートの必要はありません。

 

Jメールを使えばセフレができる理由

新規の登録者数が1年で1万人近くいるJメールなので、セックス相手を募集している書き込みが非常に多いのが特徴です。

Jメールに登録したら、まずは『アダルト掲示板』内の『すぐ会いたい』の項目をチェックしてみてください。

見てみるとわかりますが、全国の即会いを希望している女性の書き込みが大量に出てくるのにビックリです!

おっぱいポロンや下着姿などの写メがアップされていてエロい女を選び放題!下手な風俗嬢より可愛い子がたくさんいます。

実際に会う時もお互いの都合の良い場所でビジネスホテルやラブホで待ち合わせる約束でOK。

 

Jメールが女性に選ばれている3つの理由

女性側としても知らない男性と出会うのは不安なものですが、Jメールが選ばれている理由としては

  • 匿名で周りにバレることがない
  • 都内のビルに広告が掲載されている
  • 女性誌でも話題になっている

などなど、知名度が高く安心して使えるからです。

運営歴も10年以上もあり総登録者600万人の大手出会い系サイトです。

東京都内を中心に地方でも様々なところで広告が掲載されているのも安心できる特徴の一つです。

 

上級者は1,000円前後でセックスしてしまうことが・・!

実は筆者も風俗は好きですが最近ではもっぱらJメールを利用してセフレ作りにハマっています笑

理由としては風俗に比べて断然コスパが良いということと、風俗嬢ではない一般のエロい女の子とセックスすることができるからです。

セフレを作るのに最初は2,000円くらいかかりましたが、今では調子良い時は1,000円でセフレを作れる時もあります。

※法律を遵守しているサイトなので、登録したらプロフィール登録と年齢認証は忘れずに行いましょう!

筆者が活用するJメールのセフレ化術とは?

これまでにソープ、デリヘル、ホテヘル、アロママッサージ、ピンサロと様々な風俗遊びをしてきた筆者ですが、Jメールのアダルト掲示板と出会ってからは風俗通いをやめました笑
その中でもアダルト動画掲示板が一番アツいです。
アダルト掲示板では多くの女性がオナニーをしながら掲示板を利用している人が多い為、返信率も高いし返信のスピードも早いです。
筆者はこの掲示板を利用していつもセフレを探しています笑

今だけ期間限定でポイントがお得に購入できる

通常、やり取りにはJメール内でポイントを購入する必要がありますが、今なら1,000円分のポイントがついてきます!
金額 ポイント
1,000円 100pt
2,000円 200pt
3,000円 320pt(200円分お得!)
5,000円 550pt(500円分お得!)
10,000円 1200pt(2,000円分お得!)
15,000円 1800pt(3,000円分お得!)
20,000円 2500pt(5,000円分お得!)

セフレを数人作りたいなら、今のうちに期間限定キャンペーンを使ってお得にポイントを手に入れてください!

以下のページから登録すれば無料で1,000円分のポイントも手に入りますので、まずはどんなサイトか試してみると良いでしょう。

Jメール(R18)の無料登録はこちら

※法律を遵守しているサイトなので、登録したらプロフィール登録と年齢認証は忘れずに行いましょう!

エッチな女の子が大集合!
掲示板からセフレを簡単にゲット!


(※18歳未満はご利用できません)

最高500円でセックスができる!
エロい女の子の溜まり場!


(※18歳未満はご利用できません)

若い女の子が掲示板で毎日セフレ募集中!
TELエッチも盛ん!


(※18歳未満はご利用できません)