男性のオナニー頻度はどれくらい?射精することでのメリットとデメリット


皆さん、こんにちは!今回は誰もが一度は行う「オナニー」について深く考えていきたいと思います。

ところで、オナニーはしますよね?私は結構といっていいほどします(笑)

オナ二ーとは、『性交ではなく、自分の手や器具などを用いて自らの性器を刺激し、性的快感を得る行為である。

自慰ともいう。一般にヒトでは男性の場合、射精とオルガズムにより、女性の場合はオルガズムのみにより目的が達成される。』(抜粋: フリー百科事典 ウィキペディア)

(抜粋: フリー百科事典 ウィキペディア)

実は、これにはそれぞれメリット・デメリットがあるのです。

それは「長期間にわたって精子を溜め続けていないだろうか?」という点から考えてみてください。

そうです、実は長期間射精しないことで、男性にとって様々なデメリットが生じるんです。逆に言えば、適度に射精することで男性は多くのメリットを得ることができるんです。

では、実際にはどのような頻度で行えばメリットが生じていくのか。またやり過ぎるとどのようなデメリットが生じるのか、健康という側面を添えながらオナニーについて紹介していこうと思います。

語源について

オナニーの語源は、『旧約聖書』「創世記」中の記述に由来するようです。

「創世記」にオナンという名の男がいまして、兄を早くに亡くしてしまった兄嫁と結婚させられたようです。そもそもの目的は子孫を残すこと。

しかしオナンは、兄のために子を残すことを嫌い、性交時は精液を膣の中に放出せず、寸前で陰茎を抜き精液を地に漏らして避妊をしようとしたのです。

このオナンが行ったのが「膣外射精」であり、「生殖を目的としない射精行為」として認識されました。のちに語義が転じてオナニーという言葉が使われるようになったのです。

射精のメリット

元気で活発な精子を増える

射精を我慢する生活を長期にわたって続けると、運動率の低い精子、つまり、「元気のない精子」が増えてしまうのです!

精子は男性の体内で3日ほどしか生存できません。そうなると、およそ3日以上精子を体外に出さずにいると、死滅精子(運動率が低い精子)の数が増えていきます。この古い精子(死滅精子)が、新しい精子を傷つけてしまい、結果的に精子全体の質を下がってしまうという現象が起こるのです。ということで、3日に1回のペース、1週間では2~3回が適度な回数だといえますね。

もっとも、子供を望んでいる夫婦であれば、夫の精子が「運動率の低い精子」では卵子までたどり着くことができませんから、そんな質の低い精子が増えれば増えるほど、受精にいたる可能性が低くなりますよね。

つまり、長期間射精を我慢すると、男性不妊になる確率が高まる可能性があるのです。

勃起不全を防げる

人間とは、体を動かさなくなると、神経も筋肉も衰えていき、血行も悪くなる生き物なのです。原理はこうです。

人間は体を動かすときに、脳からの指令により「神経」を通じて「筋肉」に伝わります。適度な運動をすることは、この連動を繰り返すことができ、「血管」を広げて血流を増加させることができます。この血流が増えることで血行不良を防いでいるんですね。

では、同じ筋肉の構成でもあるペニスの勃起についても同様に言えるのです。一般的には「陰茎海綿体」という毛細血管がたくさん集まっている場所に、大量の血液が流れ込むことでペニスは固く太くなります。

しかし、これでは完全勃起ではないんです。実は、勃起を促す「神経」と力強い勃起を促す「骨盤底筋群」という筋肉も関係してくるのです。

つまり、人が体を動かすのと同様に、「神経」「血管」「筋肉」の3要素がしっかりと揃わなければ、男性は十分な勃起を得られないということなのです。

だからこそ「勃起不全(ED)」を予防するためには、オナニーなどの射精を伴う性的行為で適度にペニスを勃起させないとダメなんです。

ストレス発散で免疫力アップ

行為をしている最中はドーパミン・オキシトシンなどの快楽、幸福物質が分泌されます。

つまり、性的行動をすると「快感物質」が人間の脳内から出るのです。快感物質とは、例えば代表的な物質が「ドーパミン」や「エンドルフィン」や「オキシトシン」などを指します。快感物質は人間を「幸せな気持ちにする」役割があるので、同時に人間をリラックスさせてくれる効果があるのです。

自分が気持ちよくなると同時にストレスを発散させられる。最高ですねw

さらには射精によって「セロトニン」という、ストレスを軽減させて精神を安定させる働きがある脳内物質も同時に出ます。結果、射精後は質のいい睡眠を取ることができます。

当然、質のいい睡眠は体の免疫を高めますから、オナニーで健康になれるというわけです

射精のデメリット

膣内射精障害になるかも

膣内射精障害(ちつないしゃせいしょうがい)とは、男女カップルが膣性交を行った際に、男性が膣内で射精することが困難になる症状である。(抜粋: フリー百科事典 ウィキペディア)

この病気の名前はなんだか恐ろしいですね。この病気は名前の通り、膣の中で射精できなくなるという恐ろしい病気です。

原因の多くは、普段行うオナニーに原因があるようです。原理はこのようになっています。

本来の性交時に男性が射精する場合は、膣に挿入したペニスに膣による圧力がかかることからきます。上下運動を基に陰茎亀頭をはじめとする性的に敏感な部分に対して、❝適度な圧力と膣壁による摩擦、膣内が陰圧になることによる吸引作用❞などの刺激が加えられ、快感の頂点に達して射精をするのです。

これに対してオナニーの場合、手淫という方法が多いのです。これは勃起したペニスを自分の手で掴むようにして持ち、上下にピストン運動をするというものであります。実は、この手の圧力は女性の膣の圧力である握力には遠く及ばないのです。

よって、強い握力によるオナニーが習慣化した場合には、性行為時、膣の物理刺激では射精に至らないことが生じてくるのです。つまり、セックスになると自分の好きな場所が刺激されず満足できなくなるんですね・・・。

疲れやすくなるかも

オナニーの消費カロリーは約60~70kcalに相当すると言われています。これは100mを全速力で走るカロリー(約103kcal)に匹敵するということですね。ジョギングで言えば30分程度した時と同じです。

食べ物で言えば茶碗一杯分のご飯を消費したといえます。

計算方法(男性版)

カロリー計算式:体重(kg)×0.0464×時間(分)=消費カロリー(kcal)

例えば、60㎏の体重の方が15分のオナニーをした場合であれば、60kg×0.0464×15分=41.76kcal となります。

計算方法(女性版)

カロリー計算式:体重(kg)×0.0464×時間(分)×0.87(補正係数)=消費カロリー(kcal)

例えると、42㎏の体重で30分のオナニーの場合では、42kg×0.0464×30分×0.87=50.86kcal となります。

このカロリーを1回分で見てしまうと少ないなと感じるかもしれませんが、回数を重ねることで大きくカロリー

を消費することができるんです。8回オナニーをすると480kcal~560lcal消費することができるんです。

運動もせずにただオナニーをして性欲を発散するだけでこれだけのカロリー消費は嬉しいですよね!

亜鉛不足に陥るかも

亜鉛には、元気な精子の数を増やし、正常な精液をつくること役割があります。酵素や男性ホルモンに作用することで、睾丸に働き、精子を増産できるのです。同時に精子に前立腺内の亜鉛が直接作用することで活力を与えるというしくみになっています。

射精の回数が増えることになると、大量の精子を作ることになり、亜鉛の活動量が上がります。すると普段から亜鉛を接種していないと、活動量と補給量のバランスが崩れてどんどん不足してくるのです。

亜鉛が不足すると

①精子の数が低下する

②弱った元気の無い精子や奇形の精子が増えることで、色が黄色っぽくなる

③男らしさが無くなる

④勃起力や勃起の持続力が維持できなくなる

⑤頻尿や失禁などの前立腺障害を起こす可能性が高まる

このように男性としての❝男らしさ❞を失うだけでなく、様々な障害も起きやすくなるといわれています。

なかでも⑤については、亜鉛が不足することで、男性ホルモンが正常に働かず、誤った情報を出す現象が起きる場合があります。その誤った情報の1つに、細胞の異常増殖があります。この指令が間違った部分に送られると前立腺肥大になるのです。ほんとに怖いですよね・・・

デメリット改善のために

何をすべきか

膣内射精障害対策

この解決策については、ずばりオナホールを使用してください。

市販で売られているもので何でもよいので、とにかく手の圧力の刺激に慣れないことが大切です。より本番に近いオナニーをするという事が大切なので、オナホールを使うことをおススメします!これで膣の圧力で快感を味わって慣れてください。

亜鉛不足対策

精液は出した分だけ生成されるというわけでないので、放出した分の亜鉛をしっかり摂取して補っていきましょう。

射精後は、しっかり亜鉛の含まれているの食材を摂ったり、サプリメントで補っていきましょうね(^^♪

亜鉛の多く含まれる食材一覧

亜鉛 サプリメントの人気ランキング1位

亜鉛 60日 60粒

DHC 亜鉛 60日分 【栄養機能食品】 ディーエイチシーサプリメント 健康食品

亜鉛のサプリメント人気ランキングはこちら亜鉛をコンスタントに補うことで、男性特有のED(勃起不全)や免疫力アップにもなるのでぜひ心掛けてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はオナニーのことについて、主に男性版として触れていきましたが、参考になりましたでしょうか。気持ちよく射精するこで、実は健康面にも大きな影響が出てくることがわかりましたね。

射精することで起きるメリットとデメリットをしっかり把握して、これからも気持ちよい、最高のオナニーライフを送っていきましょう!

エッチな女の子が大集合!
掲示板からセフレを簡単にゲット!


(※18歳未満はご利用できません)

最高500円でセックスができる!
エロい女の子の溜まり場!


(※18歳未満はご利用できません)

若い女の子が掲示板で毎日セフレ募集中!
TELエッチも盛ん!


(※18歳未満はご利用できません)