射精管理とは?快感が増幅する射精管理の方法を徹底的に解説!

自分の好きなタイミングで射精できないってどうなんでしょうか?

セックスやオナニーで自分の好きなタイミングで射精するなんて当り前のことですよね。

しかし中にはパートナーに射精を管理されることで興奮してしまう男性もいるようです。

「そんなので喜ぶのはM男だけでしょ?」

確かにM男が喜びそうなフレーズなのですが、実は最近M男以外の男性の間でもわだいになっているんですよ。

この記事では射精管理について徹底的に解説していきたいと思います。

射精管理の魅力をしっかりとお伝えしていきますので最後までしっかりと読んでみてください。

エッチな女の子が大集合!
掲示板からセフレを簡単にゲット!


(※18歳未満はご利用できません)

最高500円でセックスができる!
エロい女の子の溜まり場!


(※18歳未満はご利用できません)

若い女の子が掲示板で毎日セフレ募集中!
TELエッチも盛ん!


(※18歳未満はご利用できません)

射精管理とは?

ちょっとマニアックな響きのある射精管理。

実はM男じゃなくても一度経験するとハマってしまう方が多いプレイなんです。

女性が男性の射精するタイミングをコントロールしながら、男性の羞恥心や性欲を煽ることでお互いの興奮度が高まるプレイといっても良いでしょう。

ちょっと手を出しにくい感じもありますが、一度体験すれば癖になること間違いありません。

セックスレスやマンネリに悩んでいるカップルにもおすすめのプレイです。

射精管理の方法

それではまず最初に射精管理の方法について説明していきたいと思います。

単純に射精管理といっても、そこにはルールやコツが存在します。

ただただ寸止めするだけなら誰でもできると思いますが、それでは本来の射精管理の魅力を楽しむことはできません。

女性は男性にどこまで羞恥心を感じさせることができるのか?

もちろん女性自身だって征服感を味わうことができなければ楽しくありません。

お互いにメリットがあるからこそ、楽しいセックスライフを送ることができるんです。

ルールやご褒美を決めておく

まずはじめにパートナーと話し合って射精を禁止する時間を決めます。

最初は少し短めに設定し、回数を重ねる毎に徐々に時間を長くしていけば良いでしょう。

そしてその約束の時間を達成することができたらご褒美を忘れないでください。

ご褒美があった方が当然盛り上がります。

逆にご褒美がないと、いくらM男であったとしてもストレスが溜まるだけです。

もちろん達成できなかった時のペナルティも必要です。

こういった盛り上げる要素を設けておくことで射精管理を楽しんでください。

射精管理の開始を宣言

射精を管理される側は開始を宣言されることで、自分は管理されちゃうんだという実感が湧いてきます。

逆に宣言されないと管理されている実感が湧かず、いつの間にか射精してしまったなんてことも。

男性に今から射精できないのかと思わせることで、お互いに射精管理プレイを行なっていることを実感することができるんです。

射精管理は男性だけではなく、女性だって征服感を味わうことができるプレイです。

お互いに気分を高めることも重要なんですよ。

射精欲を思いっきり煽ってください

射精管理で大切なのは出したいのに出せないという状況です。

エロいDVDを男性に見せたり、男性を興奮させるような衣装を女性が身につけてみたり。

女性が淫語を連発するのも効果的です。

ご褒美をチラつかせながら煽ることで、射精した時の快感は数倍に跳ね上がります。

上級者になると男性用の貞操帯などを使うこともあるようですよ。

射精を許可する

ここまで男性の射精を徹底的に我慢させてきましたが、最初に決めたルールに従って最後は射精を許可してあげましょう。

男性の頑張りを認め、優しく褒めてあげることが大切です。

褒める言葉の中にも淫語を混ぜながら男性を最後まで興奮させてあげましょう。

そして最後にご褒美を与えれば、男性の満足度はかなり高いものとなります。

この男性が思いっきり満足した瞬間こそが射精管理のゴールだといえます。

射精管理のメリットとデメリット

ここからは射精管理のメリットやデメリットについて見ていきたいと思います。

射精管理のメリットが分かっていなければ、男性も女性も手を出そうとしませんからね。

そもそもメリットがなければやる意味すらありません。

特に射精管理に興味がある男性は、そのメリットをしっかりと女性に伝えてあげてください。

射精管理のメリットとは?

射精管理のメリットは男性女性双方にあります。

まず男性側のメリットですが、やはり一番は我慢し続けた後に味わうことのできる最高の射精感です。

射精を我慢され続けるストレスは半端じゃありません。

そのストレスから解放されたという精神的な快楽と射精自体の快楽の相乗効果によって高い満足感を得ることができるんです。

逆に女性側のメリットですが、これは何より男性をコントロールしたという征服感です。

通常のセックスでは基本的に男性主導となる訳ですが、射精管理をする場合は立場が逆転します。

男性に射精を懇願された時に厳しくNOを突きつける瞬間はかなり興奮できるんですよ。

射精管理のデメリットとは?

射精管理のデメリットは厳しく管理されることによるストレスといったところでしょうか。

男性が射精を管理されることを目的としたプレイではありますが、過度の管理はストレス以外の何ものでもありません。

まずは無理のない範囲から始めてみることをおすすめします。

また女性も射精管理を面倒だと思ってしまう方がいるようです。

こういったプレイに興味のない女性にとって、射精管理は苦痛以外の何ものでもありません。

お互いに楽しめてこそ意味があるので、そういったストレスを与えないためにも最初の話し合いが重要となるんです。

射精管理に関するネットの書き込み

射精管理ってちょっと特殊なプレイだと思いきや、意外とネットの書き込みが多かったです。

それだけ一般人にもウケているということなのでしょう。

実際の書き込みを紹介していきたいと思います。

彼らが射精管理についてどう考えているのかが分かると思いますよ。

書き込みその1:自分がM男だと気付かされた

自分はずっとSっ気が強いと思っていました。
一度彼女と大喧嘩したときに罰として射精管理されたのですが、それが癖になっちゃいました。
まさか彼女がS女だとは思いもしませんでしたが、新しい自分に気付かせてくれた彼女には感謝しています。
(引用:爆サイ

自分がM男だって気付いてる男性って意外と少ないのかもしれませんね。

何かをきっかけに自分の本性に気付くことってあると思います。

そんなひとつが射精管理なのでしょう。

自分の本当の性癖を知るという意味でも有効なプレイなのかもしれませんね。

書き込みその2:射精管理で4年も続いてます

初めて射精管理されたのは出会い系でしりあったおばちゃん。
見た目は普通だったのに、メッチャエロくてビビりました。
最初はドン引きだったのですが何だかハマっちゃって・・・
もうそのおばちゃんと4年以上続いてます。
(引用:爆サイ

射精制限プレイに思いっきりハマってしまったようですね。

相手のおばちゃんがドS?

見事にこの男性の本性を暴き出してくれたようです。

それにしても射精管理を4年も続けているとは、かなりの強者ですね。

書き込みその3:

射精管理はヤバいですね。
解放された時の何とも言えない感覚が忘れられません。
教えてくれた彼女とは別れちゃったので、今はもう楽しむことができません。
普通のセックスじゃ満足できなくなっちゃったので困ってます。
(引用:爆サイ

せっかく教えてくれた彼女と別れてしまったんですね。

しかも普通のセックスでは満足できないほどの射精管理。

かなりエロい女性だったのでしょう。

早く次のエロい彼女を見つけて欲しいですね。

射精管理で使えるおすすめの器具

射精管理は特に何も使わなくても言葉だけで十分に楽しむことができるプレイです。

しかし初心者の方にはちょっとハードルが高いかもしれません。

そこでここからは射精管理で活用できる器具の紹介をしていきたいと思います。

もちろん言葉だけよりも楽しむことができるんですよ。

上手く活用して充実した射精管理プレイを楽しんでみてください。

手錠

手錠を使うことでプレイ中に男性が自分のペニスに触ることを防ぐことができます。

男性は我慢できなくなると、ついついペニスに触れたくなってしまうものです。

それでは射精管理の意味がありません。

もちろん精神的な意味でも管理されているという部分を強調することができるアイテムです。

目隠し

プレイ中に視界を奪われてしまうと不安になるものです。

それと同時に神経は触られている部分に集中します。

射精してはいけない状況で射精感が高まるというジレンマの中で男性が悶えることとなるんです。

目隠しと手錠やロープなどを併用するとさらに効果的ですよ。

男性用貞操帯

引用:Amazon公式HP

射精管理を本格的に楽しむためには必須といえるアイテムです。

女性用の貞操帯ってよく耳にすると思いますが、男性用もしっかりあるんですよ。

性交や自慰を防ぐ為の施錠装置付きなので、どう足掻いても射精することはできません。

女性に付けて貰えばさらに興奮度は上がることでしょう。

射精管理まとめ

射精管理に病みつきになると、逆にコミュニケーションがおざなりになってしまうこともあるようです。

射精管理はあくまでもお互いが楽しむためのプレイですから、どちらかが一方的に行なうというのは宜しくありません。

お互いが楽しめるようにコミュニケーションをしっかりと取り、毎回ルールをしっかりと決めて行なうようにしましょう。

風俗に行かずセフレで上手にセックスしてる人たちの秘密とは

できるだけ安く、そして可愛い女の子とNNする方法としておすすめするのが、出会い系マッチングサイトです。

世の中の女性はどうやってセフレを作っているのか気になったことはありませんか。

女性は男性以上に性欲が強い生き物です。でも、男性と違ってその辺で「男とやりてー」なんて会話はせず、周りにバレないようにこっそりとネットでセフレを募集します。

以前に、AV女優の紗倉まなさんがTV番組で出会い系サイトをAV女優も使っていることを暴露して話題になったのを知ってますか?

セフレ相手を募集する為に使われているのが匿名可能なJメール【R18】というサイトです。

Jメールは従来のマッチングアプリのようにやり取り→デート→ホテルといった流れではなく、セックス目的なので余計なデートの必要はありません。

 

Jメールを使えばセフレができる理由

新規の登録者数が1年で1万人近くいるJメールなので、セックス相手を募集している書き込みが非常に多いのが特徴です。

Jメールに登録したら、まずは『アダルト掲示板』内の『すぐ会いたい』の項目をチェックしてみてください。

見てみるとわかりますが、全国の即会いを希望している女性の書き込みが大量に出てくるのにビックリです!

おっぱいポロンや下着姿などの写メがアップされていてエロい女を選び放題!下手な風俗嬢より可愛い子がたくさんいます。

実際に会う時もお互いの都合の良い場所でビジネスホテルやラブホで待ち合わせる約束でOK。

 

Jメールが女性に選ばれている3つの理由

女性側としても知らない男性と出会うのは不安なものですが、Jメールが選ばれている理由としては

  • 匿名で周りにバレることがない
  • 都内のビルに広告が掲載されている
  • 女性誌でも話題になっている

などなど、知名度が高く安心して使えるからです。

運営歴も10年以上もあり総登録者600万人の大手出会い系サイトです。

東京都内を中心に地方でも様々なところで広告が掲載されているのも安心できる特徴の一つです。

 

上級者は1,000円前後でセックスしてしまうことが・・!

実は筆者も風俗は好きですが最近ではもっぱらJメールを利用してセフレ作りにハマっています笑

理由としては風俗に比べて断然コスパが良いということと、風俗嬢ではない一般のエロい女の子とセックスすることができるからです。

セフレを作るのに最初は2,000円くらいかかりましたが、今では調子良い時は1,000円でセフレを作れる時もあります。

※法律を遵守しているサイトなので、登録したらプロフィール登録と年齢認証は忘れずに行いましょう!

筆者が活用するJメールのセフレ化術とは?

これまでにソープ、デリヘル、ホテヘル、アロママッサージ、ピンサロと様々な風俗遊びをしてきた筆者ですが、Jメールのアダルト掲示板と出会ってからは風俗通いをやめました笑
その中でもアダルト動画掲示板が一番アツいです。
アダルト掲示板では多くの女性がオナニーをしながら掲示板を利用している人が多い為、返信率も高いし返信のスピードも早いです。
筆者はこの掲示板を利用していつもセフレを探しています笑

今だけ期間限定でポイントがお得に購入できる

通常、やり取りにはJメール内でポイントを購入する必要がありますが、今なら1,000円分のポイントがついてきます!
金額 ポイント
1,000円 100pt
2,000円 200pt
3,000円 320pt(200円分お得!)
5,000円 550pt(500円分お得!)
10,000円 1200pt(2,000円分お得!)
15,000円 1800pt(3,000円分お得!)
20,000円 2500pt(5,000円分お得!)

セフレを数人作りたいなら、今のうちに期間限定キャンペーンを使ってお得にポイントを手に入れてください!

以下のページから登録すれば無料で1,000円分のポイントも手に入りますので、まずはどんなサイトか試してみると良いでしょう。

Jメール(R18)の無料登録はこちら

※法律を遵守しているサイトなので、登録したらプロフィール登録と年齢認証は忘れずに行いましょう!

エッチな女の子が大集合!
掲示板からセフレを簡単にゲット!


(※18歳未満はご利用できません)

最高500円でセックスができる!
エロい女の子の溜まり場!


(※18歳未満はご利用できません)

若い女の子が掲示板で毎日セフレ募集中!
TELエッチも盛ん!


(※18歳未満はご利用できません)